芸能ニュース

西城秀樹 脳梗塞の原因は無理なダイエットとサウナ!タバコは1日4箱の生活。

2018年5月16日、63歳という若さでお亡くなりになられました。西城秀樹さんは2003年に脳梗塞になりその後2度目の脳梗塞になりました。後遺症で右麻痺が残ってしまいましたが、きついリハビリに耐えステージに復帰することができました。今年4月の終わり頃から体調を崩し入院。そのまま帰らぬ人となったそうです、突然の訃報に驚きました。西城秀樹の死因は脳梗塞の影響による心心不全が原因とせれていますが、そもそも脳梗塞になる原因はなんだったのでしょうか?若い頃からタバコとお酒が好きだったそうです、体型維持のためのダイエットとサウナに良く入っていたそうです。

スポンサーリンク



西城秀樹 脳梗塞の原因は無理なダイエットとサウナ

脳梗塞になり右麻痺を抱えていても、ステージに達見ている人に勇気を与えてくださった西城秀樹さん。最近では1人で歩くのが辛く誰かに支えてもらっていながら歩いていたそうですが、ステージに立つと1人でしっかり立たれていたそうです。身体も相当きつくなってきたのかもしれませんが、、まさかこんなに早くお亡くなりになられるとは誰も思っていなかったことと思います。

西城秀樹さんが最初に脳梗塞になった時は、ディナーショーを行うために韓国に訪れた時だったそうです。「脱力感と左ほほの垂れ下がり、ろれつが回らない」などの症状がありました。すぐに日本に帰国しそのまま入院。

「ラクナ梗塞」という病名を告げられました。西城秀樹さん48歳の時でした。

「ラクナ梗塞」・・・脳内の細い血管が動脈硬化などで狭くなって血液の流れが悪くなる、脳血栓症のひとつ

西城さんは46歳の時に結婚したのですが、それまではタバコは1日4箱。ワインは2本とかなりのヘビースモーカに加えお酒好き。ですが、身体には自身があり自分が病気になるなんて思ってもみなかったそう。
そして、結婚してからは奥さんが食事の面倒のみてくれ、お子さんも生まれたりしたので健康に気をつけるようになった矢先の脳梗塞だったと言います。

西城さんが脳梗塞になった原因は、若い頃からのお酒やタバコも原因の1つだと思うのですが、
そのは他に・・・・
3週間で5キロ減の無理なダイエット。
水分補給せずにサウナに入る。
181センチ68キロの体型を維持するためにスポーツジムにも通っていたそうです。
スポーツジムはトレーナーさんなど専門の方がいらっしゃるので、西城さんの身体をみながらトレーニングされていたと思います。ですので、原因は無理なダイエットと水分補給せずに入ったサウナが結果的に血液ドロドロ状態を作ってしまったのではないかと、ご本人が語ってました。

2度目の脳梗塞の原因

脳梗塞にり、脳梗塞について色々調べ気をつけていたにも関わらず、2度目の脳梗塞発症となってしまった西城さん。その時医師に質問したそうです。

先生に「(二度目は気を付けていたのに)なぜなったんですか?」と聞いたら「うーん、難しいんだけれど、この病気は…やはり寒暖の差とかも関係があるんですよ」と言われました

血液ドロドロが脳梗塞の原因になりことが多いそうですが、寒冷の差も原因の1つだとは、、。2度目の脳梗塞の時も再発する自覚症状もなく突然だったそうです。少し前から疲れやすいなと思ったことはあったそう。どこに危険が潜んんでいるかわかりませんね。

西城秀樹は糖尿病も患っていた!?

実は、西城さんは脳梗塞を起こす前にも持病を持っていたそうです。その病気とは「低髄液圧症候群」と「糖尿病」

1984年に低髄液圧症候群を発症、骨髄液が漏れて脳圧が下がるという病気で1カ月ほど入院 したそうです。
1997年ごろに受けた健康診断では「糖尿病」と診断されインシュリン投与していたことがわかりました。

糖尿病はその状態が続くと、血管の内皮細胞が異常をきたして動脈硬化が進み、脳の血管が詰まって脳梗塞などを引き起こす危険性がより高まりるそうで、西城さんが2度目の脳梗塞で倒れた時は糖尿病が影響があったかもとのこと。

スポンサーリンク



専門家からみて脳梗塞の原因

脳梗塞の原因の大きなものとして、動脈硬化があります。動脈硬化とは、血管の内側の壁にコレステロールなどがたまるなどして血管が厚く硬くなり、血液の流れが悪くなってしまった状態のこと。この動脈硬化を促進させ血管に損傷を与える病気には、高血圧や脂質異常症(高脂血症)、さらに糖尿病や、心房細動などの心臓病があります。

 そしてこれらの病気の原因となるものには、喫煙、飲酒、肥満、などがあります。日常生活の中にも危険因子はひそんでいるといえます。

 そんなことからも、「脳梗塞などの動脈硬化性疾患は、生活習慣病である」 ということができるでしょう。例えば動脈硬化は、ある日突然、なってしまうものではありません。増えた脂質(あぶら)が少しずつ血管の内側にたまるなど、日々の生活習慣によって進行していくものです。ということは……どうやらこのあたりに、脳梗塞から身を守るヒントがありそうです。(引用元

脳梗塞を予防するためには

脳梗塞、要注意人物は・・・

◆大量の飲酒=1日に、1合を超える日本酒、中びん1本を超えるビール、ダブルで一杯を超えるウイスキーを飲む人。

◆喫煙習慣=タバコを吸う人は吸わない人に比べ、はるかに脳梗塞(脳卒中) で死亡する人が多い。

◆運動不足=食事で摂ったエネルギーを消費しきれないので肥満につながる。さらに糖尿病や脂質異常症を引き起こしたりする。

◆肥満=肥満は高血圧や糖尿病の原因になり得る。間接的にではあるが、脳梗塞の危険因子。

◆過度のストレス=日々のストレス、イライラに対抗するために、タバコをスパスパ、お酒をガブガブ。脳梗塞に限らず、身体にいいはずがない。 

とにかく、規則正しい生活が一番の予防になろようですね。「わかっちゃいるけどやめられない・・・」私も含め、なかなか規則正しい生活って難しいですよね。でも、頭の片隅にあるのとないのとではだいぶ違いますので、意識していきたいと思います。

脳梗塞予備軍の型の落とし穴

脳梗塞予備軍の方に良くある落とし穴があるそうです!

実は、動脈硬化には自覚症状がありません。ですから健康診断で脂質異常症や動脈硬化と診断されているにもかかわらず、放置してしまう人が多いのです。発作が起こってしまってからでは遅いのです。脳梗塞を発症後、「寝たきり」になってしまう人も少なくありません。食事・運動など日常の生活習慣に気をつけるだけでも予防効果は大!「元気な老後」を過ごすためにも、今すぐ生活習慣の改善に努めましょう。

確かに、起こってしまってからでは遅い。。ですので、自分は大丈夫と過信せず日々の生活態度を見直すのも脳梗塞を予防する一歩となりそうです。

この記事のまとめ

西城秀樹さは1回目の脳梗塞ご、かなり食生活や生活のリズムに気をつけていたそうです、なのに2回目が起きてしまった。気をつけていただけにショックは多いきかったと語っていました。さらに2回目の後遺症の方がひどくリハビリもきつかったそう。しかし、奥さんやお子さんスタッフさんの支えでステージにまた上がることができ、まだこれから皆さんに伝えたかったことは沢山あったことと思います。ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事

  1. お笑い

    マヂカルラブリー野田 [M1出場!]がイケメンで村上の本名が意外すぎる!

    12月3日放送「M1グランプリ2017」今回は4019組エントリーのう…

  2. 不倫

    小室哲哉 引退!C型肝炎が原因?副作用と難聴に苦しみ・・顔色が悪いのはそのせい?

    美人看護師さんと不倫疑惑が発覚した小哲哲哉さんですが、19日に会見し…

  3. 芸能ニュース

    津川雅彦 若い頃がイケメンすぎ!デヴィ夫人と不倫関係だった?現在は朝丘雪路の介護に疲れてる。

    西城秀樹さんに続き、朝丘雪路さんまでも亡くなってしまいました。昭和から…

  4. 芸能ニュース

    鶴ひろみ 死去 死因は?[ドキンちゃん] 高速道路にて意識不明に!原因を検証!

    ドキンちゃんの声で有名な「鶴ひろみさん」が高速道路にて意識不明の状態で…

  5. 芸能ニュース

    KEIKOを襲った高次脳機能障害って?小室哲哉が伝えたかった本当の想いとは、、。

    不倫騒動が急展開をみせ、引退を決意してしまった小室哲哉さん。まさか…

  6. 芸能ニュース

    高樹沙耶 共同生活の実態!同棲相手は?4人と同居しエコ生活を送っている・・

    現在、石垣島にてスローライフ生活をしている高樹沙耶さんですが、以前…

スポンサーリンク
  1. 子育て情報

    水イボ 放置すると悪化する?子どもの水いぼこうして治しました!
  2. スポーツ情報

    横野レイコ [プロフィール] 炎上中の相撲専属レポーター!年齢・結婚は?ウオッチ…
  3. ドラマ番組情報

    丸子実業高校事件 母親 高山かおるの現在と実態は?|井上真央主演ドラマで蘇る怖い…
  4. スポーツ情報

    宮原知子のコーチ 田村岳斗がイケメンすぎる!平昌五輪代表内定で人気もアップ!?
  5. スポーツ情報

    式守伊之助の本名は?セクハラで懲戒処分!異例の若さで襲名されるもお粗末な人だった…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。