自然災害

草津国際スキー場 [画像] 噴石・雪崩がゴンドラの真横に!4800年ぶりの噴火!

草津白根山(群馬、長野県境)が1月23日午前10時ごろに噴火しました。
そこには有名な草津スキー場があり、リフトが埋もれていて、雪は灰色になり、
悲惨な惨劇となっています。現在もなお行方不明者がいるなど、騒然としています。
今後、被害が拡大しないことを願うばかりです。
ツイッターを中心に現在の被害状況などをまとめています。

スポンサーリンク



草津国際スキー場が惨劇 [画像]

象庁より草津白根山に火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が発表!

本白根山鏡池付近からキロメートルの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

 群馬県長野原町の新聞販売業(60)のもとには23日午前10時15分頃、同スキー場のゴンドラに乗っていた次男(28)から慌てた声で電話があった。「山から煙が出て、あたりが真っ暗になった」「噴石が飛んできてゴンドラに当たった」――。(読売新聞引用)

こちら普段のゴンドラの様子です。

雪が灰色にからり、ゴンドラも悲惨な姿に、、。
当然起きた災難に驚きを隠せません。

噴石が飛んでいるのがカメラにも写っていました。

スポンサーリンク



草津白根山の噴火は4800年ぶり!?

本白根山からの噴火は4800年ぶり。そのときは、
高さ150メートルの火口丘列と草津温泉の裏まで届く大きな溶岩流が生じたそうです。

警戒されていた草津白根山ではなく今回は本白根山が噴火。
あまり気に止められていなかった??

ちなみに富士山が最後に噴火したのは江戸時代の約300年前です。
この事実を知りなんだかぞっとしました。
富士山の噴火もいまかいまかと迫っているのではないか、、?

雪崩に巻き込まれた人も多数いるとのことと、まだ今後噴火する可能性も
あるそうです。

付近で訓練中だった自衛隊員8人を含む12人がけがをしている。うち2人が重体で、3人が重傷、2人が軽傷。残り5人のけがの程度は不明。雪崩に巻き込まれたり、噴火による噴石でけがをしたりしたとみられる。(毎日新聞引用)

気象庁は23日、草津白根山の本白根山について、噴火を確認したと明らかにした。気象庁は今後、さらに噴火が起きる恐れがあるとしている。

今後また新しい情報が入りましたら追記いたします。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事

  1. お天気情報

    雪情報 関東 最新!2018年1月22日~23日 帰宅困難者続出の予想!電車遅廷状況は?

    2018年1月21日の天気予報で関東も1月22日のお昼頃から雪予想にな…

  2. 自然災害

    台湾地震 花蓮県 [画像] 日本人被害者は?マーシャルホテルが倒壊!

    6日夜に起きた台湾東部・花蓮県沿岸の地震で、少なくとも2人が死亡し、2…

スポンサーリンク
  1. 皇室

    眞子様 婚約破棄させられる?小室圭との結婚延期はただの愛の冷却期間か!
  2. 熱愛

    西野七瀬の彼氏はNOGIBINGOのディレクター?「枕営業」噂の真相は?
  3. 事件ニュース

    東海オンエアー [てつや] ストーカー被害とは?はじめしゃちょーとの共通点。
  4. 事件ニュース

    林真須美の夫「ヒ素は自分で飲んだ」と主張!毒入りカレーの犯人は他にいるのか?
  5. 芸能ニュース

    馬場ふみか コードブルーで「さらし」で豊胸隠してた?第二の小池栄子を検証!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。